(みず)に漂(ただよ)う   (う(ぐさ)

おなじさだめと  (ゆび)をさす

(こと)(ば)すくなに   ()をうるませて

(おれ)をみつめて   うなずくお前(まえ)

(き)めた   (き)めた

お前(まえ)   みちづれに

 

(はな)の咲(さ)かない   (う(ぐさ)

いつか実のなる   (とき)を待(ま)

(さむ)い夜(よ)(ふ)けは

お酒(さけ)を買(か)って

たまのおごりと   はしゃぐ姿(すがた)

(き)めた   (き)めた

お前(まえ)   みちづれに

 

 

なし   明(あ)(す)なし

(う)き草(ぐさ)

(つき)のしずくの   宿(やど)るころ

(ゆめ)の中(なか)でも

この手(て)を求(もと)

(さぎ)りあてれば

(ちい)さな寝(ねい)(き)

(き)めた   決(き)めた

お前(まえ)   みちづれに

 

 

全站熱搜

amyhard 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()