のびた人陰(かげ)   舗道(ほどう)にならべ

夕闇(ゆうやみ)のなかを  君(きみ)と歩(ある)いてる

()をつないで  いつまでもずっと

そばにいれたなら  泣()けちゃうくらい

 

(かぜ)が  冷(つめ)たくなって

(ふゆ)の  匂(にお)いがした

そろそろこの街(まち)

(きみ)と近付(ちかつ)ける  季節(きせつ)がくる

 

今年(ことし)、最初(さいしょ)の雪(ゆき)の華(はな)

ふたり寄()り添()って

(なが)めているこの時(とき)

(しあわ)せがあふれだす

 

(あま)えとか弱(よわ)さじゃない

ただ、君(きみ)を愛(あい)してる

(こころ)からそう思(おも)った

(きみ)がいるとどんなことでも

 

()りきれるような気持(きも)ちになってる

こんな日(ひび)がいつまでもきっと

(つづ)いてくことを祈(いの)っているよ

 

(かぜ)が窓(まど)を揺()らした

(よる)は揺()り起()こして

どんな悲(かな)しいことも

(ぼく)が笑顔(えがお)へと変()えてあげる

 

()い落()ちてきた雪(ゆき)の華(はな)

(まど)の外(そと)ずっと

()りやむことを知()らずに

(ぼく)らの街(まち)を染()める

 

(だれ)かのためになにかを

したいと思(おも)えるのが

(あい)ということを知()った

 

もし、君(きみ)を失(うしな)ったとしたなら

(ほし)になって君(きみ)を照()らすだろう

笑顔(えがお)も涙(なみだ)に濡()れてる夜(よる)

いつもいつでもそばにいるよ

 

今年(ことし)、最初(さいしょ)の雪(ゆき)の華(はな)

ふたり寄()り添()って

(なが)めているこの時(とき)

(しあわ)せがあふれだす

 

(あま)えとか弱(よわ)さじゃない

ただ、君(きみ)とずっと

このまま一緒(いっしょ)にいたい

素直(すなお)にそう思(おも)える

この街(まち)に降()り積()もってく

()っ白(しろ)な雪(ゆき)の華(はな)

ふたりの胸(むね)にそっと想(おも)い出()を描(えが)くよ

これからも君(きみ)とずっと

 

 

http://mymedia.yam.com/m/2146167

 

創作者介紹
創作者 amyhard 的頭像
amyhard

放空

amyhard 發表在 痞客邦 留言(7) 人氣()